第32回常任委員会議事録 2003.02.27 Print  

                 第32回常任委員会議事録                   

                                       JSAF外洋東海
 
 ? 日 時  平成15年2月27日(木)18:45 9:15
 
 ? 場 所  愛知県スポーツ会館  第一会議室
 
 ? 議 案  1.本部理事会報告
        2.各委員会報告
        3.第17回エリカカップについて
        4.第44回鳥羽パールレースについて
        5.その他
 
 ? 出席委員    定数37名中 有効出席者34名
      (出席)
       丹羽 徳子  渡辺 行彦  森岡 稔夫  坂谷 定生  都築 勝利  富川 則之 
       吹原 優二  加古 恭一  長谷川富延  牛田 育夫
       梅村 泰博  河内 道夫  五藤  敏  龍野 信人  小島 修二  岩本 達也 
       豊田 哲郎
 
      (委任状)
       大島 茂樹  鈴木 史郎  岡田 守功  阿部 宗彦  寺田  順  冨田 佳永 
       桑本 和好  沢田 一彦  岩瀬 喜貞  稲垣 謙次
       川合 紀行  石川 信和  荻須 文一  杉山 保男  長坂  収  大脇 晶子 
       坂倉 純二
 
   欠席委員
       松本 太一  林  泰成  川島 浩嗣
 
   監  事
       阿部 嶺男
 
   オブザーバー
       大橋 郁夫  山口  孝(新任)  中村  孝
 
 ? 出席委員が定数の過半数を超えるので、本常任委員会は成立する旨の報告が丹羽議長からあり、議事
   録署名人に森岡稔夫、岩本達也、河内道夫の3名を指名。又、進行役に坂谷定生を指名した。
 
  丹羽:本日はこの後、代議員会、総会が控えています。手順良く進めましょう。
 
 ? 議 事
 1.本部理事会報告
  都築:1月25日(土)の連盟理事会に出席しました。
     外洋加盟団体に関係のある所を報告します。
     イ.ORCクラブルール和訳が完成したそうです。今まで暫定運用規定を使用して来ましたが、
       今後は速やかにORCクラブの運用を本来のクラブルール下で行う様、各加盟団体に英文、
       和訳を送付して来るそうです。
     ロ.レーティングファイル使用料徴収の件
       平成15年度より、IMS及びORCクラブレーティングを使用した外洋艇レースにおい 
       て、成績算出時に使用するレーティングデータファイル(ENCファイル、RMSファイ 
       ル)の使用料が、有料となりました。
       IMS、ORCクラブ全艇のデータファイル使用料
       1レガッタ 3,000円(1レガッタは7日以内)
       請求先   レース委員会が所属する加盟団体へする
       期  間  平成15年4月から適用
       提供方法  レーティングオフィスより、各加盟団体の指定した2名の者にメールにて、フ
             ァイルを更新のつど配送する。
       当分の間、個人へのENCファイル、RMSファイルの提供は行わないとのことです。
     ハ.小型船舶操縦免許制度への対応
       1級小型船舶操縦士、2級小型船舶操縦士、特殊(水上オートバイ)操縦士の、免許更新に
       ついても一定の条件を付則して日本セーリング連盟等の証する乗船経歴を持って講習の免除
       をすることとなりました。これを受けて、至急(5月までに)連盟およびその傘下である加
       盟団体の主催するレースの参加者、乗船時間の記録、証明発行などの手続きの規則を作成す
       ることになりました。
       また、有資格者の直接操縦の義務について組織体運行を基本とするヨットにおいて例外を認
       められましたが、その基準を作成する必要があります。
 
 2.各委員会報告
 a.IT委員会(仮)報告
  都築:2月5日に委員会を開催しました。まずそこでも触れましたが、先回の常任委員会で「97,430円
     の請求が来て、自動引落しされた」と私が言いましたが、これは4月から12月までの川島さん
     にお願いしていたオペレーター料でした。端数が有ったのと、8月末に自動引き落としの手続き
     をしましたので、それで済んでいるものと私が勘違いをしました。この内容については川島さん
     に電話で、次回の常任委員会で明記する約束をしてお詫びしました。その電話をした後に回覧の
     147,840円の請求が来て困惑しています。
     内訳は、時給2万円の7時間です。サーバー内クリーンアップの料金です。
  坂谷:これについて意見を出して下さい。
     ・削除としての費用はいらない。ファイル移行の整理として必要な作業なのか?
     ・単価の時間2万円は高い。
     ・当会はこれらを削除されても困らない。川島さんとして必要な作業だったのではないか?
     ・14万円としては払わないでよいが、御礼として多少払ってもよいか。
     ・川島さんが会議に出席し、皆さんに説明して理解出来るようにしてもらわないと判断出来な 
      い。
     との意見が出ました。
     結論として、この請求に対しての費用は払わないことになりました。
  加古:その後のホームページの状況ですが、インデックスは増えましたが、前々回の初期に戻りまし 
     た。現在、使用できるようになっています。各委員会でデータを入力して下さい。
 
 3.第17回エリカカップについて
  森岡:2月19日に第1回の実行委員会を開催しました。基本的には第16回と同じですが今年から3
     年間愛知万博『愛 地球博』の地域連携プロジェクトに認定されましたので少し予算が出そうで
     す。そこで前回までに加えて 「三河湾の浄化問題を考えよう」と林正道氏の講演をいれたらど
     うかと考えています。もうひとつは愛知県連・名古屋ジュアヨットクラブに協力を願ってOPク
     ラスのレースをやってはどうかと思い本日は二村会長と水谷理事に出席してもらいました。ま 
     た、蒲郡市役所からは商工観光課の宇野課長と主事の中神さんにも来てもらっていました。
     OPレースについて大筋決まったことは(名古屋ジュニアYC;水谷)
     ・5月24日にラグナマリーナの湾内(水上ステージ前)でエキビジョンレースをやってはどう
      かと思っています。→ OK(鷲尾)
     ・スタートはAM11時 10艇位 その後時間が有ればエリカカップ参加者の子供を対象に体
      験乗船をやっても良いかと考えています。
     ・5月25日は今まで名古屋港で開催していたボート天国のレース『東海ジュニアヨット選手 
      権』として10時スタート、2レースを開催したい。そうすれば関東・関西からの参加もあり
      ます。
 エリカカップのレース委員長、コース等のレース関連の打合せは別途行うこととなりました。
 
 4.第44回鳥羽パールレースについて
  坂谷:昨年は鳥羽市観光協会と後援部分でギクシャクしていましたが、今年は何もありませんのでここ
     までは動いていません。
  都築:今年の問題点は、熱海フィニッシュ地点が不評で、もう一度初島に戻せるかということですね。
     12月11日の年末表彰パーティに、外洋湘南会長の稲葉さんが来られたのでその旨言っておき
     ましたが、スタッフの経費が出るかという所です。
 
 以上により本日の審議事項の議案は承認され、議長は19:20閉会を宣した。
 
  配布資料 
   1.総会資料
   2.2003年度レース日程表・実施要項
   3.第44回鳥羽パールレース、第4回全日本ミドルボート選手権共同主催一覧表
   4.レーティングファイル使用料徴収の文
   5.ORCクラブルール和訳完成の文
   6.平成15年外洋法規事業計画(1)小型船舶操縦免許制度への対応の文

 
  平成14年2月27日 
 
   議 長 丹羽 徳子 印
 
   進行役 坂谷 定生 印
 
   署名人 森岡 稔夫 印
 
   署名人 岩本 達也 印
 
   署名人 河内 道夫 印