第10回JSAF外洋東海代議員会・第8回JSAF外洋東海総会(臨時)議事録 2003.02.27 Print  

              第8回JSAF外洋東海総会(臨時)
                    議事録
                                       JSAF外洋東海
                   (同時開催)
 
 ? 日 時  平成15年2月27日(木)19:15縲怩Q0:45
 
 ? 場 所  愛知県スポーツ会館 第一会議室
 
 ? 代議員会議案 1.平成14年度事業報告(1月末まで)
          2.平成15年度事業計画及び予算の件
          3.JSAF外洋東海選挙規則改正の件
          4.平成15・16年度選挙管理委員選出の件
          5.役員人事について
          6.その他
 
   総会議案   1.JSAF外洋東海会則改正の件
 
 ? 出席者
  1)代議員会      定数16名中  有効出席者14名
     (出席)
       渡辺 行彦  森岡 稔夫  坂谷 定生  都築 勝利  長谷川富延  吹原 優二 
       加古 恭一  梅村 泰博  河内 道夫
 
     [委任状]
       鈴木 幹夫  竹内 聡一  岩瀬 喜貞  大島 茂樹  坂倉 純二
 
    欠席役員
       松本 太一  川島 浩嗣
 
  2)第8回JSAF外洋東海総会(臨時)
          定 数 510名 × 1/5 =102名
          出席者 510名(うち委任された方 490名)
 
 ? 出席者の数がいずれも定数を超えるので、代議員会、総会とも成立する旨の報告が丹羽議長からあ 
   り、進行役として坂谷専務理事を指名した。
   又、議事録署名人に森岡稔夫、岩本達也、河内道夫の3名を指名した。
 
 ? 議 事
  坂谷:本日は、代議員会、総会(臨時総会)、を同時に進行しますのでご了承下さい。
 
 代議員会議案
 1.平成14年度事業報告
 坂谷定生氏より14年1月31日までの事業報告を配布資料にそって読み上げ収支明細の内訳、財産目録
 が示されました。
  坂谷:まず始めに本日は臨時総会で事業計画・予算が中心です。5月22日に事業報告・決算の通常総
     会を行うことになっている旨の説明があり、1月31日までの決算について以下の説明があっ 
     た。
     帆走委員会の収支差額はプラス35万円で組みましたが、最後の東海チャンピオンシップの参加
     が減り、101,282円のプラスにとどまりました。
     集結訓練費、即ち年末表彰パーティは、松本総務委員長の頑張りで久々に25,559円の黒字となり
     ました。
     情報処理費は予算0でしたが35万円の収入が有り、その支出は123,900円です。
     これは新しいホームページへの移設とドメイン取得代です。
     会費収入は予算比マイナス52,700円。
     物品領布代は交通費予算比9万円オーバーを除いて、ほぼ予算通りです。
     1月末の次月繰越金は986,566円でほぼ予算通りの推移です。
 
 2.平成15年度事業計画及び予算の件
 坂谷氏より総会資料に従って計画を述べる。
 長谷川:配布の2003年度レース日程表を見て下さい。1月15日の常任委員会で最終案を作ったのです 
     が、その後東海ミドルボートクラブの中村氏より、第14回デニスコナーカップを第4回全日本
     ミドルボート選手権の中日、9月14日(日)にしていただけないかと依頼が有り、ラグナマリ
     ーナとも相談した結果、移動することにしました。レース内容については実行委員会を立ち上げ
     て詰めて行きます。
  中村:東西のミドルの選手権もオープンレースがあります。承認の程、宜しくお願いします。
  坂谷:予算について私が説明します。
     ほぼ昨年並みで組みました。新しい科目で情報処理費を収入支出に建て、収入100,000円、支出
     28万円と建てました。それと特別会員の会費の中で、艇登録更新料が2,000円値上げとなりま
     した。値上げの分は全て連盟へ収めます。
  加古:IT委員会事業費を立て、サーバー管理料を別にした方がいいのでは…。
  坂谷:分かりました。今の意見を入れて修正して予算とします。
     以上の計画予算の承認をお願いします。
  全員:異議なしの声あり。
 
 3.JSAF外洋東海選挙規則改正
  坂谷:お手元の配布資料を見て下さい。
     下線の部分が今回の改正の所です。理由はこの後審議していただく、会則改正に合わせたもので
     す。
     第23条のセーリング連盟理事選挙に付いては、外洋東海と切離して「セーリング連盟に従う」
     としました。
     関連の総会議案の会則改正案も引続き審議していただきます。
 
 総会議案
 1.JSAF外洋東海会則改正の件
  坂谷:配布の資料を見て下さい。これも下線の部分が改正個所です。
     第3条の「目的」、第4条の「事業」を元来、「目的」の所は、セーリング連盟寄付行為並びに
     外洋本部とあった所を、外洋本部が無くなった為、明文化しました。「事業」も同じ趣旨で、1
     縲怩Xまでの項目に明記しました。
     基本的に大きな変更点は、従来の理事と常任委員を入れ替えた事です。これで一般的となりまし
     た。NORCからセーリング連盟、Tokai Ocean Sailing Clubと一歩づつ独立色が強まっていま
     す。
  梅村:趣旨とは関係ありませんが、フリートの設立基準が有って、廃止基準が無いのは変ですね。
  都築:総会資料にもありますが、フリートは各クラブと併設されており、今後はクラブ
     色が強くなるものと思われます。今しばらくこのまま様子を見ましょう。
  坂谷:それでは、会則改正と選挙規則改正を一括してご承認をお願いします。
  全員:異議なしの声あり。
 
 その後の意見で、新しい会則と選挙規則を総会報告のテルテール発送に同封することになりました。
 
 4.平成15・16年度選挙管理委員の選出の件
 原案通り、大橋郁夫さんと長尾好泰さんが承認されました。
 
 5.役員人事について
  坂谷:総会資料15頁を見て下さい。
     辞任届けの出ている川島浩嗣さんの退任と、新任の広報委員長とIT委員長を受けていただく河
     内道夫さん、日産マリーナを退取された沢田一彦さんの変わりの幡豆フリートキャプテンに山口
     貴さん、IT委員会の副委員に岩本達也さんにお願いするものです。
  全員:異議なしの声あり。
 
 以上により本日の審議事項は両会、両議案とも検討、承認され、議長は20:45閉会を宣した。
  
  配布資料
   1.総会資料
   2.2003年度レース日程表・実施要項
 
  平成14年2月27日
 
   議 長  丹羽 徳子 印 

   進行役  坂谷 定生 印 
 
   署名人  森岡 稔夫 印
 
   署名人  岩本 達也 印
 
   署名人  河内 道夫 印