第3回理事会議事録 2003.06.19 Print  

                  第3回理事会議事録

                                        JSAF外洋東海

? 日 時  平成15年6月19日(木)18:45縲怩Q0:45

? 場 所  愛知県スポーツ会館  第3会議室

? 議 案  1.各委員会報告
        2.第17回エリカカップ報告
       3.第44回鳥羽パールレースについて
       4.その他

? 出席委員    定数37名中 有効出席者29名
     (出席)
      丹羽 徳子  渡辺 行彦  森岡 稔夫  坂谷 定生  都築 勝利  富川 則之  
      吹原 優二  龍野 信人  岩本 達也  稲垣 謙次  牛田 育夫  大島 茂樹  
      坂倉 純二  長谷川富延  岩瀬 喜貞
     (委任状)
      荻須 文一  五藤  敏  阿部 宗彦  小島 修二  林  泰成  川合 紀行  
      桑本 和好  加古 恭一  大脇 晶子  鈴木 史郎  岡田 守功  河内 道夫  
      杉山 保男  長坂  収
  欠席委員
      沢田 一彦  石川 信和  山口  貴  松本 太一  寺田  順  冨田 佳永  
      梅村 泰博  豊田 哲郎

? 出席委員が定数の過半数を超えるので、本理事会は成立する旨の報告が丹羽議長からあり、議事録署名
  人に森岡稔夫、岩瀬喜貞の2名を指名。又、進行役に坂谷定生を指名した。

? 議 事
1.各委員会報告
 a.総務委員会
 坂谷:1、2の資料を見て下さい。まだ2ヶ月なので数字は小さいです。
    右下の立替金1,164,014円は、エリカカップの支払い分です。まだ大口のスポンサーからの協賛金
    入金がありませんので、この形になっています。
    結果、次月繰越金は2,369,313円ということです。

b.通信委員会
 森岡:5月29日に都築さんとチッタナポリ屋上のアンテナを見に行きました。10年間、10万円近い保険を
    かけて来ましたが、台風等の強風に吹き飛ばされた時に、人、車に落下するかを確認しました。南
    東、北西の強風に対して大丈夫との結論で、本年から保険をかけないことにします。

c.海事普及委員会
 牛田:6月1日に北陸「北前船研修」と称してバスツアーを開催しました。
    昨年よりは少ない29名の参加でした。
    大橋先生の分かりやすい説明を受け、楽しく行ってまいりました。
    大橋先生、鈴木史郎海事普及委員長のコメントがBBSに載っていますので、読んでおいて下さい。
 都築:収支を非常に心配しましたが、牛田さん(日本旅行)のご好意により、最小限の赤字にとどまりま
    した。
 丹羽:せっかくの企画がエリカの1週間後ということで、声をかける暇がありません。
    来年はもう少し後の企画にしたいですね。

2. 第17回エリカカップ報告
 坂谷:反省会は改めて行いますが、記憶の新しいうちに一言ずついただきたい。
    まず、森岡実行委員長より総括をして下さい。
 森岡:エントリー141艇、乗員は1,000名(997名)で昨年より増加しました。
    珍しく全艇が出艇申告を済ませました。
    土曜日にビギナーズセミナーを開催。約100名で好評でした。
    林正道先生の講演も参加者が多かった。
    予算未決の為、運営スタッフの体制作りが遅れました。又、プログラムの作成が遅れる状況となっ
    た。
    会場の要因が多い為、55縲怩U0人のスタッフが必要。
    旅費は本人負担、又宿泊は名大ヨット部艇庫を使ったりして予算の削減に貢献しました。
    初めて参加する人のBBS等への投稿にもある様に、コミュニケーション不足が生じています。
    ビール、弁当等販売を業者にまかせましたので、人員を減らすことが出来た。
 大島:「スワン」は本部船として大き過ぎた。
    長坂さんから下のスタッフが最後まで決まらなかった。
    第1レグが短かった。上まで1.5Mなかった。
    本部船のアンカー上げ下げの調子が悪い。テープレコーダーで読上げはOK。
    フィニッシュが広すぎた。
    デジタルボイスレコーダーが有効
    マークが流れた。モニターが悪影響。
    マークのアンカーを唐人にした方がいい。
    セールナンバーが見えない艇があった。
    かなり衝突していたが、怪我人は無い模様。デスマスト2艇も自力で帰った。
 岩瀬:フェスティバルマーケットに全てイベントをまかせた。
    ジャンケン大会はスケジュール上、行わなかった。
    ファーストホームでオープンクラスの第2スタート艇がわからず、1艇のみ表彰。
    協賛の宿泊券全て渡し忘れた。
 富川:林さんの反省メールを読上げます。
 (林):成績出し。RMPプログラムは使いやすい。冨田くんが用意したコンパクトバッテリーはよかった。
    テープレコーダー使いやすい。
    フィニッシュ艇の確認に時間がかかった。
    10艇同時フィニッシュしたのが2回有り読み切れない。風が強くフィニッシュラインが長い。
    フィニッシュ記録係。記録係は事前に決定して、1、2回練習が必要。
長谷川:コースが短い。人員が少ない。
 都築:昨年に引続き、スポンサーの対応に苦慮しました。トヨタ自動車の100万円減を埋める為に他のス
    ポンサー探し、決済をもらうのに時間がかかり、プログラムの出来上がりが大会1週間前となった
    万博協賛事業なっており、1ヶ月後に決算報告を出さなければならず、立替払いが発生しています
    当日のスポンサー対応について、ラグーナ蒲郡からご意見があった。

3.第44回鳥羽パールレースについて
 坂谷:6月6日に丹羽会長と都築さんと鳥羽あいさつ回りに行きました。
    地元の協力は昨年通りとなりました。
    現在、プログラム広告の協賛企業は、リゾートトラストの裏表紙(50万円)だけが決まっていま 
    す。岩瀬さんを通してNTTドコモに100万円の話をしています。
    NTTドコモは、GPS付携帯電話機を参加艇分貸していただき、コミッティー側から位置を出せるよう
    にします。
 都築:シャングリラ?の修理はいかがですか。国土交通省に対しての安全対策に、シャングリラ?の伴走
    とロールコールが入っていますが。
 吹原:何とか間に合います。
 坂谷:NTTドコモの携帯電話とロールコールは併用するということですね。
 都築:はい、そうです。7月に入ったら、フィニッシュ側スタッフとの打合わせを名古屋でします。長谷
    川さんお願いします。
長谷川:承知しました。

 その後、NTTドコモの協賛金は20万円決まりました。その代わりNTTドコモは、ホームページを立ち上げ、
 参加艇の様子を画面に出していただけます。対外的には、鳥羽パールレースのPRになると思います。

4.その他
a.第33回東海フェスティバルについて
 都築:本年は衣浦開催となっております。富貴、碧南、衣浦、亀崎で7月中に一度ミーティングをしまし
    ょう。

b.第4回全日本ミドルボート選手権について
 坂倉:6月9日にラグナマリーナの鷲尾さんと都築さんに参加していただき、実行委員会を開きました。
    「ニュースキン」に協賛してもらうつもりでしたが、ダメになりました。
    先述のエリカの反省を踏まえて、看板等設置の最小限のスポンサーを探そうと思っています。
 都築:国土交通省から安全対策、帆走指示書の提出を求められています。
    第14回デニスコナーカップもありますし、何とか成功させましょう。

 以上により本日の審議事項の議案は承認され、議長は20:55閉会を宣した。

 配布資料 
  1.5月31日現在会費収入・会員数・登録艇・クラブ会員所属艇状況表
  2.5月末現在収支決算書
  3.第44回鳥羽パールレース実施要項
  4.パールレース市、観光協会に対する現地での準備、手続等お願い事項
  5.初島フィニッシュ案内
  6.パール文書発送一覧表
 
  
 平成15年6月19日

  議 長 丹羽 徳子 印

  進行役 坂谷 定生 印

  署名人 森岡 稔夫 印

  署名人 岩瀬 喜貞 印