第11回理事会議事録 2004.07.06 Print  

                 第11回理事会議事録

                                        JSAF外洋東海

? 日 時  平成16年7月6日(火)18:45縲怩Q0:45

? 場 所  愛知県スポーツ会館  第2会議室

? 議 案  1.全国評議員会、外洋連絡会議報告
       2.各委員会報告
        3.第18回エリカカップ報告
       4.なんせい第45回鳥羽パールレースについて
       5.その他

? 出席委員    定数36名中 有効出席者26名
     (出席)
      森岡 稔夫  坂谷 定生  都築 勝利  大島 茂樹  吹原 優二  牛田 育夫  
      坂倉 純二  長谷川富延  岩瀬 喜貞  大脇 晶子  五藤 敏   川合 紀行  
      豊田 哲郎  春日井 清雄
     (委任状)
      荻須 文一  小島 修二  林  泰成  桑本 和好  鈴木 史郎  岡田 守功  
      河内 道夫  池田 修一  田中 英樹  山田 貴芳  山口 貴   龍野 信人
  名誉会長   丹羽 徳子
  オブザーバー 石田 亮  
  監事     阿部 嶺男
  欠席委員
      長坂 収   沢田 一彦  石川 信和  冨田 佳永  梅村 泰博  岩本 達也  
      牧野 秀明  富川 則之  三浦 信郎  稲垣 謙次

? 出席委員が定数の過半数を超えるので、本理事会は成立する旨の報告が森岡議長遅刻の為、都築専務
  理事からあり、議事録署名人に大島茂樹、大脇晶子の2名を指名。又、進行役に坂谷定生を指名した。

? 議 事
1.全国評議員会、外洋連絡会議報告
  議案に入る前に6月12日(土)臨時の安全(A)SR講習会に河内常務理事と川合紀行さんが出席
  しましたのでその報告からお願いします。
 川合:2人で参加いたしました。北海道1名、東海2名、広島1名と地方からの参加はやはり少なく15
    縲鰀16名で10時30分縲怩P5時30分まで行われました。
    午前はSRの内容確認、午後からは質疑応答・変更内容等の説明があり、時間的に少し足りない
    ような気もいたしましたが、東海からの質問は全てクリアーしましたので安心しております。
    ただパールレースを前に心配があります。外洋東海の3月末に駆け込みでSR確認をした艇に対
    してセーフティーラインのダブルアクションの徹底がされていないのが気がかりです。
 都築:ホームページのBBSに書き込みで入れましょう。
 川合:それとSRアドバイザー3.000円の扱いですが、個人ではなく外洋東海を通していただきた
    い。交通費の基準も作ってください。
 豊田:計測も同意見です。どこまでがお手伝いかの基準を作ってください。
 都築:検討しましょう。
a.全国評議員会報告
 坂谷:6月19日に私と森岡会長、河内連盟理事で参加しました。丹羽名誉会長はハズれましたが、近
    北の三井さんが功労賞を授与されました。
    それと、統合4年目となりましたが、JとNの対立はいっそう険悪になっていますね。
b.外洋連絡会議報告
 森岡:夢の島にある東京ヨットクラブが外洋東京湾から独立して外洋艇の登録、SR、計測の受付業務
    をやりたいとの申し出があり、その扱いについて外洋連絡会議でも意見が分かれています。基本
    的には地域オーソリティーとしての外洋東京湾を通さなければ外洋系の組織が崩れてしまうとの
    意見です・・・。
 坂谷:統合当時に心配したとおりになりましたね。意見を言う人が違っていますが・・・。
    日本のヨット人口が増えるほうがプラスとなりますね・・・。
2.各委員会報告
a.海事普及委員会
 吹原:6月13日、風は強かったですが雨も無く楽しい一日を過ごしました。
 牛田:参加人員が少なくヨットに関係ない人まであちこち声をかけ、何とか34名集まりました。
    大橋先生の解説などで楽しく過ごしました。
 都築:今年も牛田さんの配慮で収支トントンでした。車中のアルコールを除いては・・・。
 坂谷:ヨットのシーズン中でもあり、時期を12月縲怩R月のオフにずらしたらとの意見もあります。
b.帆走委員会
 阿部嶺:6月20日に第24回伊勢湾合同レースを行いました。エントリーは16艇でしたが台風の接
     近、影響で11艇となりました。
     ORC部門が3艇で成立していましたが、2艇がDNCとなり、ケリーダはオープンに移動し
     ての参加となりました。
 長谷川:内も参加できませんでした。日産マリーナが台風接近でポンツーんを全て上架する為です。
c.計測委員会
 大島:何とかORCCの新規、更新、変更は外洋東海は順調に処理されています。
 豊田:パールのエントリー表を見ますと外洋東海はいいのですが、他水域で大丈夫かなという艇があり
    ます。レーティングオフィスの平岡さんが泊まりこみで処理しています。肉体的に限界ですね。
    昔のCR98の時のように各水域で証書発行しないと無理ですね。
3.第18回エリカカップについて
 森岡:8月4日(水)に反省会をします。各担当はメモを持参してください。
    決算を都築さんよりお願いします。
 都築: 企業協賛金は前年比マイナス30万円参加料も前年比マイナス64.000円でしたが表彰式で
     のPA、前夜祭のバンド代がラグーナの協力で出費が抑えられました。
     備品でパソコンを1台購入しました。
    一般会計ともリンクしますが、情報処理費30万、企画運営費15万、Tシャツ・帽子は余剰金
    392.275円となりました。
 坂谷:2号議案の財務委員会報告も以上を踏まえています。
    事業収入2.443.214円、会費収入2.777.800円、今のTシャツ・帽子は物品領分
    代に入り前期繰越金を入れ収入は6.070.573円です。支出の部で事業費2.096.3
    88円、管理費889.490円、次月への繰越金3.084.695円となっています。

4.なんせい第45回鳥羽パールレースについて
 坂谷:VOC・志摩ヨットハーバーと2回、くまの灘漁業協同組合に2回訪問し内容を説明、理解をし
    ていただいています。
    本日スタッフ表を出させていただきましたが皆様のご協力お願いします。
    南勢町役場からも受付、軽トラックの要員を出していただきます。
    予算案が出ていますが、33艇で作りました。広告代は60万円で組みましたが40万円に減額
    となっています。
    その後、最終エントリー52艇となり余裕が出来ました。又、田曽浦漁組に7月15日に都築さ
    んと説明に行くことになり話し合った結果、スタートラインを五ヶ所湾口外へ移動することにな
    りました。
 都築:現在公式プログラムを刷っていますが、五ヶ所湾側の案内の冒頭に「今回ヴィーヴルオーシャン
    クラブ会員のご厚意により、桟橋・施設を開放していただきました。マナーを守って利用してく
    ださい。」と入れました。
    パーティ時の駐車場、案内が必要だと思います。会員の方に迷惑がかからないように配慮しまし
    ょう。
5.その他
 都築:今後のスケジュールですが、先述のエリカ反省会と各クラブとの親睦会をかねて8月4日に「DU
    O」で行います。
    8月12日(木)に第12回理事会を開催します。

 以上により本日の審議事項の議案は承認され、議長は20:55閉会を宣した。

 配布資料 
  1.6月30日現在会費収入・会員数・登録艇・クラブ会員所属艇状況表
  2.6月末現在収支決算書
  3.なんせい第45回鳥羽パールレース実施要項
  4.なんせい第45回鳥羽パールレーススタッフ表
  5.なんせい第45回鳥羽パールレース予算案
  6.第18回エリカカップ決算書
  7.第18回エリカカップTシャツ・帽子決算書

  平成16年7月6日   

 
  議 長 森岡 稔夫   印

  進行役 坂谷 定生   印

  署名人 大島 茂樹   印

  署名人 大脇 晶子    印