第13回理事会議事録 2004.09.15 Print  

                  第13回理事会議事録

                                       JSAF外洋東海

? 日 時  平成16年9月15日(木)18:45縲怩Q0:45

? 場 所  愛知県スポーツ会館  第2会議室

? 議 案  1.各委員会報告
2.第15回デニスコナーカップについて
        3.2005ジャパンカップについて
       4.第46回鳥羽パールレ竏茶X実施要項について
       5.第29回東海チャンピオンシップについて
       6.その他

? 出席理事    定数36名中 有効出席者26名
     (出席)
      森岡 稔夫  都築 勝利  大島 茂樹  坂倉 純二  長谷川富延        
     (委任状)
      坂谷 定生  吹原 優二  牛田 育男  岩瀬 喜貞  大脇 晶子  五藤 敏  
      川合 紀行  豊田 哲郎  春日井 清雄 長坂 収   荻須 文一  小島 修二 
      林  泰成  桑本 和好  鈴木 史郎  岡田 守功  河内 道夫  池田 修一 
      龍野 信人  岩本 達也  牧野 秀明      
名誉会長
      丹羽 徳子
欠席理事
      沢田 一彦  石川 信和  富川 則之  三浦 信郎  稲垣 謙次  田中 英樹 
      山田 貴芳  山口 貴   冨田 佳永  梅村 泰博  

? 出席委員が定数の過半数を超えるので、本理事会は成立する旨の報告が森岡議長からあり、議事録署
  名人に大島茂樹、坂倉純二の2名を指名し議事に入った。

? 議 事
1. 各委員会報告
 a.財務委員会
 都築:本日坂谷さんが欠席のため私が説明します。
    まず資料1の一般会計ですが帆走委員会の収支差額がマイナス64.319円となっており、予算では
    プラス20万円になっていますが本年は春先のスプリング・レガッタ、クラブ対抗戦に参加が少
    なかったのが響いています。後半で何とかと思いますが、参加艇次第ですね・・・。
    計測委員会も456.000円入りの494.000円での赤字となっています。39艇の更新、変更、新規の
    証書が発行されましたが、繰越預かりの12万円分が本年度の支出となった為です。
    入金とレーティングオフィスへの収支差額が12万円あり半分の6万円を豊田さんに支払いまし
    た。
    海事普及委員会の支出は8月28日の第35回東海フェスティバルの15万円支出まで入ってい
    ます。
    総務委員会の収入21.000円はエリカ反省会の残金です。
    次に7月2日付けで〆た第18回エリカカップの決算が修正になりました。
    9月2日にPA費の請求書14万円が届き確認したところ払うべきものと分かり支払います。
    その結果115.038円の黒字が24.962円の赤字となりました。
    3番4番の資料を見てください。
    パールレースのTシャツ、キャップの会計報告は余剰金245.370円となる予定です。コミッティー
    と関係先に配布した162枚のTシャツと20ケのキャップを1.300円で仕切っての数字です。
    パール本体の決算ですが今日現在東急エージェンシーの40万円が未収となっており、江の島側
    の明細及び会計報告が届いておらず、送金した100万円で〆た場合の決算案です。この場合
    65.641円の黒字となり次回繰越額は318.109円となります。
    その後9月21日に東急エージェンシーの入金と江の島ヨットクラブから会計報告書が届きまし
    た。12.682円の不足金でした。9月22日に送金しました。振込み料を雑費で処理し次回繰越金
    が303.852円となりました。
    それと8月30日での会員数は467名となっており前年比マイナス43名となっております。
    今からの入金は少ないと思います。レース参加減、会員減は大きな問題です。今後の検討が必要
    ですね。
 森岡:クラブ会員で満足しているのでは・・・。
b.通信委員会
 森岡:9月27日にチッタナポリの海岸局定期検査を行います。それが済んだらNTT回線を一旦切り
    ます。
c.海事普及委員会
 坂倉:8月28日に東海フェスティバルとして安全訓練を碧南で開催しました。外洋東海からは森岡会
    長、都築専務理事、河内常務理事が出席しました。ナルミからライフラフトの提供を受け、展開訓
    練をしました。約40名の碧南ヨットクラブの会員が熱心に説明を聞き、ラフトに乗り移ったりし
    て勉強しました。フレアー類の発射には多数参加しました。
    翌日の29日に台風の影響があり、レースを企画していましたが参加13艇(優勝SOUTHERNWIND)
    となりました。
    東海フェスティバルの安全訓練は大変有意義でした。ありがとうございました。

2.第15回デニスコナーカップについて
 都築:9月13日に今年のエリカに参加した艇と各クラブ会員に資料の「実施要項」「会長挨拶文」 
    「参加申込書」をDMしました。
    実行委員長は大島茂樹さん、レース委員長は長坂収さんにお願いしました。
    前夜祭は坂倉さんのお世話でハワイアンを頼みました。それとラグナマリーナの鷲尾さんから電
    話があり、前夜祭の屋台は売り上げ保証(4縲怩T万円)して欲しいと依頼がありました。
 坂倉:その程度のことなら買い上げて無料で提供したらどうでしょう。ビールは自販機で買ってもらう
    として。
 全員:賛成の声あり
 森岡:今年度は万博協賛のプレになりますので何とか盛り上げましょう。

3.2005ジャパンカップについて
 都築:まず予算のほうですが、9月1日付で国際セーリングシリーズ推進協議会から300万円補助金
    交付内定書が届きました。それと先回の理事会で話したようにセイコーエプソンに1.000万
    円で特別協賛のお願いを8月15日に小林顧問から草間社長へ手渡ししました。その後9月9 
    日、担当部長がもう少し具体的な話を聞きたいとのことで小林顧問と新宿の本店へお邪魔して説
    明しました。「よく分かりました。担当役員に上げます。2週間後に返事をさせていただきま 
    す」とのことでした。
 大島:資料11番に第16回デニスコナーカップ&2005年全日本外洋ヨット選手権(JAPANCUP2005)
    スケジュール案があります。それに沿って説明します。JAPANCUPは9月19日縲怩X月25日まで
    で7レースを予定しています。コースはウィンドワード、リーワードコース6本とロングオフシ
    ョアコース(100M)を考えています。
    本年問題になったレーティングバンドでの足切はしません。専門家の意見を入れてクラス分けを
    したいと思っています。あくまでもグリーンブックに沿って実行したいと思います。
 都築:ここに2004年度のグリーンブックがあります。英文ですので丹羽徳子名誉会長に翻訳お願い
    できませんか。
 丹羽:承知しました。
 都築:2004ジャパンカップは資料12番のように大会終了後も関西ヨットクラブより山崎会長宛に
    「問題提起」が出され回答を要求しています。9月4日の本部理事会で戸田副会長が取りまとめ
    てることになっています。2005年度は混乱を避ける為にプレノーティスを10月末締切りの
    J・Sailingに載せようと思っています。ファイナルノーティスは来年1月頃のJ・Sailingに
    載せようと思っています。
 大島:実行委員会に関東、関西の主だった人に入っていただくように声をかけます。

4.第46回鳥羽パールレ竏茶X実施要項について
 都築:本日、坂谷実行委員長が欠席ですので私が説明します。アンケートの回答が32艇きました。主
    な点は以下のとおりです。
平成16年8月30日現在
 なんせい第45回鳥羽パールレースアンケート
      (回答数52艇中 32艇)
回答数
 ・ レース日程について(7月第4週の金曜日スタート)
  1. この日程がよい                 19
  2. 1週間前の連休を使った日程がよい        12
 ・ レースのコースについて
  1. このままでよい                 23
  2. もっと長くしたほうがよい             1
  3. もう少し短いほうがよい              6

 ・ ロールコールについて
  イ.本当に携帯電話だけでいいと思いますか
   1. 思う                     13
   2. 思わない                   17
 (衛星電話はだめですか竏窒ニの質問あり)
  ロ.通信手段を国際VHFだけにした場合
   1. 開局して参加する               10
   2. 参加しない                  13
 (VHF開局済みで回答なしあり)

注:回答数合わないのはノーコメント等あり
  先回の理事会でも話しが出ましたが、第46回の日程と国際VHFの取り扱いを先程のJ・Sailing
  にJAPANCUPと一緒に公示をしたいと思います。

5.第29回東海チャンピオンシップについて 
 都築:10月31日、11月6日・7日で第29回のチャンピオンシップがあります。このレース委員
    長は会長が行うことが恒例となっていますので森岡会長宜しくお願いいたします。
 森岡:私はレースに詳しくないので誰かにお願いできませんか。
 大島:副に長坂さんをつければ問題ないですよ。
 森岡:了解しました。
 坂倉:各艇にコミッティーを頼むのはやめにしましょう。手伝う日に斑が有ったりあまり当てに出来ま
    せんから・・・。
 都築:来年JAPANCUPもありますし、コミッティーの充実を計るために各艇に頼むのは止めにしましょ 
    う。

以上により本日の審議事項の議案は承認され、議長は20:45閉会を宣した。

 配布資料
  1.8月31日現在収支決算書
  2.8月31日現在会費収入・会員数・登録艇・クラブ会員所属艇状況表
  3.なんせい第45回鳥羽パールレース仮決算書案
  4.なんせい第45回鳥羽パールレースTシャツ・キャップ会計報告書
  5.第18回エリカカップ修正決算書
  6.第9回伊勢湾マリンカップヨットレース実施要項
  7.第9回伊勢湾マリンカップヨットレースエントリーリスト(事務局分)
  8.「第15回デニスコナーカップヨットレース」に是非どうぞの文
  9.デニスコナーカップ参加申込書
 10.第15回デニスコナーカップヨットレース実施要項
 11.第16回デニスコナーカップ&2005年全日本外洋ヨット選手権大会スケジュール案
 12.J.C2004実行委員長からJSAF会長・山崎達光宛の問題提起の文
 13.油谷さんのJ.C2004への提案の文
 14.J・C2004実行委員長から油谷さんへの回答書

 平成16年9月15日   
 
  議 長 森岡 稔夫   印

  署名人 大島 茂樹   印

  署名人 坂倉 純二    印