第37回理事会・第25回代議員会議事録 2008.01.16 Print  

                       第37回理事会・第25回代議員会議事録
                                (同時開催)
                                                                JSAF外洋東海
1 日 時  平成20年 1月16日(水)18:45-20:45

2 場 所  愛知県スポーツ会館 第2会議室

3 理事会議案   1 各委員会報告 
            2 2008年度事業計画案、同予算案
            3 3月20日(祝)バスツアーについて
            4 2008 JAPAN CUPについて
            5 今後のスケジュールについて
            6 その他
  代議員会議案 1 平成20年度会費について
            2 平成20年度レース参加料について
            3 東海レーティングシステム(TRS)の料金について
            4 その他

4 出席者
 1) 理事会      定数 33名    有効出席者 25名
   (出席)
    森岡 稔夫  岩瀬 喜貞  菱田 育夫  都築 勝利  河内 道夫  龍野 信人  長坂 収  川合 紀行
    豊田 哲郎  岩本 達也  牛田 育男  富川 則之  五藤 敏  牧野 秀明
   (委任状)
    大島 茂樹  桑本 和好  坂谷 定生  林 健治  有光 庄子  広瀬 菜恵  小島 修二  岡田 守功
    春日井 清雄  山口 貴  山下 幸良
   (欠席)
    坂倉 純二  長谷川富延  梅村 泰博  林 泰成  冨田 佳永  石川 信和  三浦 信郎  丹羽 豊次
   (名誉会長)    (監事)    (事務局)  (オブザーバ)
    丹羽 徳子  青山 耕三  伴野 宗彦  渡辺 大志

 2) 代議員会     定数 15名    有効出席者  15名
   (出席)
    森岡 稔夫  岩瀬 喜貞  菱田 育夫  都築 勝利  河内 道夫  龍野 信人  長坂 収  川合 紀行
    豊田 哲郎
   (委任状)
    大島 茂樹  河崎 金徳  桑本 和好  阿部 喜兵衛  坂谷 定生  林 健治

5 議 事
  森岡会長開会あいさつ、司会進行に河内副会長を指名(会議において議事録署名人を指名しなかったため、後日議
  事録署名人を依頼・内容確認をお願いした。)

 理事会議案
  1 各委員会報告
    安全委員会:現在の3名のアドバイザーに加えて、2008年度にはJAPAN CUPもあるため2-3名を確保したい。
      アドバイザーの公募するとともに、不足する場合は適当な方にお願いする。
      財務委員会:資料No.1 12月31日現在 収支決算書 No.2 12月31日現在 会員・登録艇等状況表
      12月の主な収支内容は、東海チャンピオンシップレースは10万円の黒字、年末パーティが56名の参加と昨
      年に比較して大きく減少し、約4万円の赤字となった。
      パーティ会費をアップしたこと、開始時間が早かったことが原因として考えられるが、理事がそれぞれ1名同
      伴すれば参加者は確保できる。ぜひ参加者の確保に協力して欲しい。
      12月の週末は各クラブのパーティがあると想定して平日に開催しているが、12月の第3週あたりで開催して
      はとの提案があった。
    総務委員会:榊原 伊三、松本 太一両氏の賛助会員に推薦したい旨提案があった。
     (代議員会議案) 上記について代議員会の推薦をお願いし、満場一致で承認を得た。
      【11月27日・常任委員会報告】
       ・東海レーティングの見直し(別項参照)
       ・第49回パールレース:外洋湘南との打合せ結果を映したレース公示案を作成し、早期にホームページに
        掲載する。参加料金の増額、料金区分に13m以上を設定、コースを利島回航コースと、遠州灘・天竜川河
        口沖・マリンロボ北側回航コースの2つとする。コース毎の通信手段を利島回航コースは国際VHFまたは
        衛星携帯電話、天竜川河口コースは国際VHFまたは陸上携帯電話で可とする。
       ・2008 JAPAN CUP:JSAF共同主催願いおよび、レース公示がレース委員会において承認された。ラグナ
        マリーナ・オーナーズクラブの協力は「ラグナマリーナ・オーナーズサポーターグループ」(仮称)とする。
       ・IRCオーナーズ協会設立総会、伊勢湾側クラブ代表者会議「伊勢湾サミット」の開催ほか
    計測委員会:東海レーティング「TRS(東海レーティングシステム)」について         
      従来TSF(東海スペシャルファクター)方式として、オープンクラスの参加艇にレース委員会が与えていたレー
      ティングを、新年度から「TRS」と名称を変え、有料で証書を発行する方式に変更する。
      このレーティングをJSAF外洋東海の組織全体で責任を持って発行する。このTRSは毎年更新とする。
      (意見)
       ・レース参加にはレーティングの取得は不可欠である。このことを広くPRする必要がある。
       ・セールナンバーの登録を義務付けることと同時に、レーティングもセットで発行してはどうか。
       議論続出し、結論としてセットは無理とし、TRSは毎年更新(2,000円)で決定した。

  2 2008年度事業計画案、同予算案 資料No.3 2008年度レース日程表(案) 
                              同レース公示(案)
                   資料No.4 2008年度 予算案
                   資料No.5 JSAF外洋東海 平成20年会計基準(案)
                   資料No.7 会費等納入規則(平成20年 2月20日)(案)
                   第49回パールレース・レース公示(案)
    【簡易レーティング】  レースの部門の簡易レーティングは「TRS部門」と標記する。
    【ノンレーティング部門】ノンレーティング部門は着順のみで順位を与えないと標記する。
    【パールレース】
     ・A・B:2コースとする。
     ・パールレースのような全国版のレースにローカル・レーティングの「TRS」を適用するのはいかがかとの意見
      があり、BコースはIRCレーティングとする。
      ダブルハンド部門はORC ClubとIRCのレーティングが混在するとまとまらないため、TRSとする。
     ・Bコースの船舶用無線送受信機は陸上携帯電話の場合「外部アンテナ」を持つこととする。
     ・船検は規定しない。JSAF竏窒rRは「3」とする。
     ・ロールコールの方法として、ダブルハンド部門は定点報告とする。詳細は別途実施要項(公式プログラム)で
      決定する。
     ・Aコースの神ノ島の回航ポイントにコミッテーボートを配置するか検討する。
   (代議員会議案)
     1 平成20年度会費について
     2 平成20年度レース参加料について
     3 東海レーティングシステム(TRS)の料金について
       「TRS」発行費用は2,000円/証書発行とする。
        (意見)
        発行の費用5,000円は高い、さらに参加艇が減少する恐れがあるため2,000円程度とすべきである。
        上記を反映し変更することで、代議員会の承認を得た。

  3 3月20日(祝)バスツアーについて
   これまでのバスツアーで見学可能な場所はほぼ行きつくしたため、至近な場所しかなく、候補地の選定ほかにつ
   いて大橋選挙管理委員と牛田理事に検討をお願いすることとした。

  4 2008 JAPAN CUPについて
   ・1月25日に2008 JAPAN CUPの東京実行委員会を開催する。
    主な審議内容は、共同主催に関するIRCオーナーズ協会の承認手続きについてと、ORC-I部門の修正時間シス
    テム・順位・得点のエイジアローワンス(×2)を(×1)とすること、賞の設定の予定
   ・サンポッカサービス?が2008 JAPAN CUPに商品提供で協賛する予定

  5 今後のスケジュールについて 資料No.8 今後のスケジュール表
    資料に基づき今後のスケジュールを説明した。

6 その他
 (1) 沖縄・小笠原レース写真集の出版について、100万円の資金の内、約60万円を東海で集め、さらに関東・関西
    でも寄付を募り実現に結びつけたい。
 (2) 丹羽名誉会長が参加されている「伊勢湾フォーラム」において、JSAF外洋東海50周年記念事業で伊勢湾に千
    隻のヨットを集めたいとお話ししていただいたところ、フォーラムに参加する行政(国土交通省)関係者から、協力
    するとのコメントをもらったとのこと。
 (3) 森岡会長が50周年記念事業に関し、りんくう常滑周辺のフェリー港、フェリー乗り場建物、隣接するホテル等を
    視察してこられ、ホテルでのパーティは60人程度まで、フェリー乗り場建物は使用できるもとの報告があった。

以上予定した議案を全て審議終了し20:50閉会した。

配布資料
  No.1 12月31日現在  収支決算書
  No.2 12月31日現在  会員・登録艇等状況表
  No.3 2008年度レース日程表(案) 同レース公示(案)
  No.4 2008年度 予算案
  No.5 JSAF外洋東海 平成20年会計基準(案)
  No.6 アンケート(オーナー用、クルー用)
  No.7 会費等納入規則(平成20年 2月20日)(案)
  No.8 今後のスケジュール表
  No.9 第18回JSAF外洋東海(臨時)総会案内

平成20年 1月17日
 議 長   森岡 稔夫 印
 進行役  河内 道夫 印
 署名人  菱田 育夫 印
 署名人  長坂 収  印